おすすめ著書

【錯覚資産】人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている、から学ぶ成功法則。

突然ですが、皆さんの身の回りに「こんな奴」いないですか?


理由はわからんがなぜか評価されるアイツ(腹立つわぁ…)



ナキ
ナキ
貰井も会社の同期で、正直コイツ口だけなのに、妙に上から気に入られてるなー、という奴いました(性格悪い)。

そんな、カラクリの秘密を解き明かしてくれるのが、今回ご紹介する著書

『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている 』です。

なんかもう、表紙のイラストからヒシヒシと「見下されている感が伝わってきて、いい具合ですね(笑)。

著者の「ふろむだ」さんは、読者数100万人の大人気ブログ「分裂勘違い君劇場」の運営をされている方で、幾つもの会社を創業(かつ、ウチ一社は上場)など、この著書を出すに足る鮮やかな経歴を持たれている方なんです。

そんなふろむださんの今回の著書は、累計販売数11万部突破、amazon書籍ランキングでも1位を取るなど、世間の注目を浴びました。

 

ナキ
ナキ
それでは早速、本の概要と著書から学び取るべき重要点を、お伝えしていきます!

著書の最重要キーワード「錯覚資産」とは?


結論からお伝えします。

本著の最重要キーワードが、錯覚(さっかく)資産といわれるものです。

「錯覚資産」とは?
みんなが自分に対してもってくれる「都合の良い錯覚」のことを指します。


例えば、こんな経験ってありませんか?


会社で「今年度の売上NO1プレイヤー」と耳にすると、それだけで「このひとはきっと、凄く仕事のできる人に違いない!」と評価してしまう。


フォロワー数10万人のインスタグラムアカウントをみると、「この人はきっとすごく影響力が合って、人気者なんだなあ」と思ってしまう。



営業数字は、取引先や商材、タイミング等の条件が、偶然良かったのかもしれない。
フォロワー数は、もしかするとお金でフォロワーを、購入しただけかもしれない。

 


それでも、私達は目の前にある「実績」や「数字」「肩書き」をみて、あたか「その人がすごく有能」で「只者ではない人」というフィルターで、評価してしまいます。


このフィルターこそが「錯覚資産」とよばれるものです。

 

ナキ
ナキ
実は、先程の「ふろむださん」の紹介文も、随所に「錯覚資産」の要素が散りばめてあります。

 

この錯覚資産、いわゆる「ハロー効果」という現象でも称されます。

「ハロー効果」とは

なにか一点優れている人がいたとき、その人が「すべてにおいて優れているように見えてしまう錯覚のことを指す。

我々は日常のあらゆる場面において、無意識のうちに、この錯覚資産のバイアスで他者を評価しています。

錯覚資産を味方につけ、成功するための2つの概念

さて、この「錯覚資産」に陥れられないためには、次の2つの概念を理解することが、非常に重要になります。

❶ 騙されない!と思っている人こそ騙される

世間には、実はこの「錯覚資産によるブランディング」が蔓延しまくっているのですが、我々はそれを知らず知らずのうちに受け入れ、「さすがだなあ」「スゴイなあ」と錯覚に陥っています。


ここまで見ていただき、「よし!肩書や数字の錯覚に騙されないようにしよう!」という決意していただいたとしても、ぶっちゃけ「騙されないことは、かなり難しい(ほぼ不可能)」とご理解いただくことが賢明です。そして大事なのは、「我々は、錯覚資産に日々、気づかないうちに騙されてるのだ」という自覚を、しっかりもつことです。


この錯覚資産に陥るメカニズムは、単純な頭脳の良し悪しに関係なく、人間の脳の構造や性質によって、騙される度合いなどは決まってしまうのだそう。

ナキ
ナキ
脳ミソは「錯覚資産に弱い」と、認めて理解することが大事です。

もちろん、その人の成果や数字は「その人の信頼性や実力の目安」にはなるのですが、あくまでも目安なんだ、ということをお忘れなく。また、必要以上に他者のプロフィールや実績を見て、羨んだり自分を卑下することも、勿体ないことです。

案外、上面や肩書ばかりで、中身はしょうもない奴かもしれませんしね。

 

❷ 錯覚資産は、「実力になり得る」ことを知る

錯覚だ、見せかけだ…とここまで散々いってきましたが、この錯覚資産

最終的には「実力に直結する」という特殊効果があります。

 



例を見てみましょう。


大手広告企業に勤める、新人営業マンのAくん、Bくん、Cくん。

 

 

 

 

 

取引先との相性や、タイミングの合致など、様々な運が味方をし、年間売上MVPに輝いたAくん。周囲から「お前はよくやった」「新人なのにスゴイな」と絶賛の嵐です。対するBくんやCくん、「営業トーク」や「仕事のスピード」や「交渉力」などなど、実力こそAくんには負けないものの、運も悪く成績は鳴かず飛ばず。



そんなとき、大きな会社のプロジェクトに、誰か1人新人を抜擢するという話が。この際、三人の中で最も声がかかりやすいのは、一体誰でしょうか?

 

もちろん、Aくんですよね

 

会社で営業成績がノリにノッている、新人営業マンのAくん。実力差はほぼ無いとしても、数字や知名度の面で、圧倒的にBくんCくんより目立っています


目に見えてパフォーマンスを発揮している彼の評価は、社内からも上々。皆がAくんの抜擢には納得しやすく、上司からしても安心して指名しやすいのです。
このように、わかりやすく数字や実績で成果が出ている人は、注目されやすいために「目立つポジションに置かれやすい」という、性質があります。


世間や社内では「ポジション」が、出世や重要な仕事を任せられるかに、非常に重視されます。ポジションさえ良ければ、その後も重役や責任ある仕事が舞い込みやすく、自ずと成果や実力もついていきます。



元々はただの「錯覚」であった資産も、その「注目力」によって得られるチャンスが増え、またそのチャンスによって、新たな実績が創られ、さらに評価があがっていく。

 

このように、錯覚資産によって「実力につながる善のサイクル」が生まれ続けることこそ、著者の言う「錯覚資産は、実力になり得る」の真髄なのです。

 

本著から学び取る、2つのエッセンス


この本を読んで
私が「自分自身に転用すべき」と感じたのは、

❶ 自身の「肩書き」となる、派手な「成果」や「実績」を作る重要性。
❷ 自身の実績は、臆せずどんどん発信すべき。

この2点でした。

 

❶自身の「肩書き」になる、誇れる成果や実績を作る。

ここでいう「肩書き」とは、初対面の人に「この人凄いな」「この人の話をききたいな」と思われるような、自分の武器となる経歴や実績を指します。



例えば、今わたしは「ブロガー」「アフィリエイター」として活動しています。
まだまだ月収でいえば数万円程度なので、大きな顔で「ブロガー論」や「アフィリエイト論」を発信したところで、興味を持ってくださる人は僅かでしょう。


しかしこれが、月収20万になり、50万になり、100万になれば、どうでしょうか?


わたしが伝えるメッセージは、かなり「強い発信力」になるはず。何故なら、「月収で100万円達成した」という実績が、私を「凡人ではない、スゴイやつ」にブランディングしてくれるからです。


できることなら、よりたくさんの人に読んでもらえるような、商品を購入してもらえるようなアフィリエイターに、自分は成長したい。そのためにも、まずは目に見えて「この人スゴイ」と感じてもらえるような、成果を生み出すことに注力したいと思います。

 

❷ 自身の実績は、臆せずどんどん発信すべき。


正直、貰井の苦手分野です(笑)。


日本では、「脳あるたかは爪を隠す」みたいな…「実力が本当はあるけど、よほどのことが無いとひけらかさないのが美徳だ」という、風潮や概念がありますよね。

しかし、この情報があふれる現代社会では、「自分はどんな人間か」「何が売りで、何に秀でているのか」という看板をプッシュできなければ、人に興味を持ってもらったり、着目されることは間違いなく出来ません。

 

折角の成果や実績は、惜しげもなく発信する。

有名なインフルエンサーの方々は、皆揃って、この「発信」が出来ていると感じます。

今回のまとめ

日本人は特性上でしょうか?

上記にあげてきたように、自身の肩書や実績をどうにもひけらかすのが苦手、という人が多いですよね。よくTwitterやインスタグラムで、「紹介文をまったく書いていない」人を見かけます。そもそも有名人なのであれば別ですが、貰井は「凄く勿体ない」と感じます。

大きなチャンスロス、に違いない。

 

「錯覚資産」に関しては、結局のところ、騙されるもんは騙されますし、今後も陥り続けることは免れにくいと思います。ただ、本著を読んだことで「肩書のみで、過大評価しない」「常に疑ってかかる」ことを、改めて念頭に置こうと思いました。

あとは、逆に「この人只者じゃないな」と感じた人は、その人のどういったブランディングによって、スゴイと感じさせられたのか、を客観的に分析するようにできればいいなあと思います。本当に、SNSやメディアひとつとっても、日々勉強ですね。

 

ナキ
ナキ
「勘違い」を味方にできるくらい、貰井もガンガン成果をあげていきたいです!

著書へ興味を持っていただけるような内容が、書けていましたら光栄です!
以上、貰井でした!

名著「チーズはどこへ消えた」から学ぶ、成功マインドとは「チーズはどこへ消えた?」(スティーブン・ジョンソン著)は、30分で読める薄さながら、人生で成功を勝ち取る上で重要な「変化を恐れない」というマインドの重要さを説く名著です。分かりやすいあらすじと、そこから学ぶ具体的な思考方法を、わかりやすくまとめています。...
【自己啓発に最適】おすすめYouTube動画チャンネル5選(モチベ―ション向上)今回は、「自己啓発におすすめ」のYouTube動画チャンネルで、実際に私が見ている「おすすめ5選」を紹介します!本来、本やセミナーでマナブものと思われがちですが、動画で学べる現代。観ることでモチベーションがあがり、行動や思考が変化・改善されること間違いないです!是非、見てみてください!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です