アフィリエイト

【マナブさんに学ぶ】成果が出る筈がない!成功に必要な努力量を知ってますか?(解決策アリ)

こんにちは!貰井です。
今日は「成果」と「努力」の話をしたいと思います。

今回の結論

努力したら成果が出る、とは限らない。
だが、努力しないと成果はでない、これは間違いない。

 

ちなみに、今回の記事をかくもとになった「マナブさん」のYouTube動画
<コチラ>

尚、本記事は動画内容を用いつつも「ほぼ貰井の主観」でお送りしているので、そのあたり加味して読んでもらえればと思います。

🍌🍌🍌🍌

必要な努力量は?

先日、マナブさんがYouTubeでいってました。


「あなたの努力は、足りません」

「だから成果がでないんです(キッパリ)」

これ、実際成果がでてない99%の、ブロガー、エンジニア、アフィリエイター…なんでもいいですが、そういう人達からすると、結構厳しい言葉です。

心が痛いですね。

実際、貰井はまだ成果を残せてる訳じゃないんで、正直コレいわれると
“ぐうの根”も出ません。

ただ、今まさに努力する時期だからこそ、人より貪欲に手を動かし、作業に時間を費やし、情報を自ら取りに行っているな、って自負はあります。

努力の最低基準ラインって?

実際、どのくらい作業すれば「最低限やった」って言えるんですかね?

動画の中でマナブさんは、こうおっしゃってました。

  • ブログ記事で成果を出すために
    →ブログで毎日「渾身の一記事」を更新する。
  • エンジニアで成果を出すために
    →毎月、最低60時間はプログラミング学習する。

もちろん、仕事や勉強と掛け持ちをしながらです。
土日や帰宅後のスキマ時間を、駆使しながらです。

どうですか?皆さんは、実践できていますか?

 

ちなみに貰井はというと…

なんとか毎日更新は、達成しています!

 

~とある日の貰井の呟き~

~ここ最近の貰井のブログ更新状況~

3月5日~3月9日まで
(ぶっちゃけ土日も挟んでますが、それでも頑張ってる方。)

とりあえず、5日間で10記事なんで、2記事/日ペース では、最低限記事を
更新できています。

勿論、質が不十分だったり、後々大幅なリライト作業をしたり、そういうのはあります。
でも、朝8時半出社~夜23時退社 という、まあまあ過酷な状況下でなんとかやりくりしているので、恐らく大抵の方が、貰井と同じくらいの量なら実践出来るはずです。

【解決案】どうすれば、努力が実践できるのか?

それでは、貰井がヒィヒィ言いながらもなんとか「最低限の努力値 +α」の行動量を起こし続けられている方法を、お伝えしたいと思います。

解決策1 自分で「努力」の基準を決めない

まずはコレです。
さっきもいったとおり、勿論過去の自分含め多くの人が「自分のものさしで決めた努力量」を達成し、満足してしまいがちです。

でも、本当に大事なのはアナタが「自分は頑張ったか」を感じられるかでは無い。

実際に成果を出した人と同じ、もしくはそれ以上の行動量ができているか

コレにしか価値は無いんです。

 

解決策2 挫折したときは要因と解決策を書き出す

「よっしゃー!これから毎日ブログ1記事書くぞ!」

そう心に決め、高らかに宣言したアナタ。しかし、決意したからと言ってそのとおりに実践できるとは、悲しいですが限らない。

会社から帰ると気持ちがのらず、土日は何かしらの予定が入り、気づけば先延ばし先延ばしに……そんなケースも珍しくないはずです。

 

自分の場合も、コレを何度も繰り返した結果、たどり着いたのが「紙に書き出す」という方法です。例えば、こんな具合です。

▶目標:毎日1記事のブログ更新
▶結果:2日で1記事しか、更新できていない

▶問題
・会社終わり(平日)に、1記事更新できない

▶要因(Why?)
・会社終わり(平日)に、1記事更新できない
L記事更新の時間が確保できていない(2時間程度)
L退社が23時を過ぎ、帰宅が24時頃になる
L仕事が23時までに片付かないから
L日中は営業処理で、事務作業が夜に残ってしまう(👈コレ)

L眠気に勝てず、時間を確保できず寝てしまう
L平日は朝早く、仕事で疲れ切っているから
L仕事終わりの2時間が、肉体的・精神的にも苦痛だから(👈コレ)

▶改善策
・会社終わり(平日)に、1記事更新できない
L記事更新の時間が確保できていない(2時間程度)
L退社が23時を過ぎ、帰宅が24時頃になる
L仕事が23時までに片付かないから
L日中は営業処理で、事務作業が夜に残ってしまうから
     →じゃあ、「昼休みに軽食をとりながら」事務処理を行う。

L眠気に勝てず、時間を確保できず寝てしまう
L平日は朝早く、仕事で疲れ切っているから
L仕事終わりの2時間が、肉体的・精神的にも苦痛
    →じゃあ、「土日の作業量を増やし」平日の負担を減らす

▶実践行動
仕事中のランチは、基本オフィスで仕事しながら取る。
気分転換や休憩は、5分程度のトイレ時間や、隣デスクの人と軽くしゃべる。終わったら、その分早く帰る。

土日に、平日5日分のネタ集めと、サムネ画像作作成等をまとめて行う
平日は、30~45分程度の作業時間で済むようにし、負担を減らす。

↑少々、長いですが貰井の場合はこんな具合です。
書き出すだけで、なにを実践すれば課題が解決するのか、明確化します。

あとは、これを行動に移すだけなので簡単です!

解決策3 前章で考えた改善策を、習慣化する

あとは、簡単ですね!
もう、やるのみです!

どれだけ良い計画もたてるだけでは何の意味もないので、行動にしていきましょう。

コツとしては、まず行動する。そして「ちょっと自分には厳しすぎるな~」と感じたら、そのまま放置せずに、すぐにまた改善案を考えることです!

★学生さんでれば
→大学の講義を「絶対毎日1コマあける」時間をつくって、作業に充てるとか。

★主婦の方であれば
→毎日の家事を1時間時短できる方法を考える、とか(食器洗い機・乾燥機付の洗濯機を購入する)

何かしら、打開策はあります。その策を見つけるためにも

まずは、②紙に要因を書き出すを、欠かさずやってほしいと思います!

今回のまとめ

いかがでしょうか?
皆さん、その努力量は「成果をだす」ために、足りていますか?

勿論、人によって環境や状況は異なるので、一概に責められないし行動が足りていないことを悪いという気もありません。

ただ一つ言えるのは「アナタが得る結果は、全てアナタの責任」
それだけです。

努力するためには

①自分で「努力」の基準を決めない
②挫折したときは要因と解決先を書き出す
③前章で考えた改善策を、習慣化する

最後にもう一度だけ、言わせてください。

今回の結論

努力したら成果が出る、とは限らない。
だが、努力しないと成果はでない、これは間違いない。

以上です!

一緒に擦り切れるくらいの努力をして
一緒に明るい未来を掴みましょう!

以上、貰井でした!

 

▶もしもアフィリエイトに興味があって
貰井と一緒に頑張っても良いな、と思ってくださった方
是非ラインをお友達追加してください!

貰井のマインドや実績の報告、ノウハウなど
お届け中。もしくは簡単な相談もOK!

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です